trade mark

Up

第8回3Dゲル線量計研究会

終了しました!
ご参加・ご支援いただいた皆様、ありがとうございました。
お陰様で今年も、口頭発表39件、参加者82名の盛会でした。
来年の「第9回研究会(京都)」もよろしくお願い致します。

研究会の様子

情報交換会の様子

プログラム(最終版 2019/10/29)new!


第8回 3次元(3D)ゲル線量計研究会のお知らせ

 近年、国内でも医療の分野に限らず、ゲル線量計に取り組む施設が増えてまいりましたが、様々な学会に研究者が分散していることもあり、交流や直接ディスカッションできる機会も少ないのが現状でした。
 そこで本年も、3次元線量計に特化した研究会を下記の要領で開催いたします。
 つきましては、多数の方々のご参加・ご発表を募集いたします。
 多くの皆様のご参加・ご発表をお待ちしております。

 (これまでの研究会の様子 :第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回

◎ 日時 : 令和元年11月9日(土)13:00 〜 10(日)15:00
◎ 場所 : 駒澤大学・駒沢キャンパスnew!
        11/09(土): 3号館(種月館)2階 3-207教場
        11/10(日): 1号館     3階 1-303教場 
◎ 参加費: 1,000円 (当日)

◎ 情報交換会:令和元年11月9日(土), 18:30〜20:30
   会場: 学生食堂
   会費: 4,000円(締切後 +1,000円)
   

*** 重要! ***
  • 発表申込締切   :令和元年10月18日(金)← 注意! (ご講演の申込は締め切りました)
  • 予稿締切     :令和元年10月25日(金)
  • 事前参加申込締切 :令和元年11月1日(金)
    (締切後は予稿集の"参加者一覧"に掲載されない場合があります。)
  • 情報交換会申込締切:令和元年10月25日(金)【注意!:早まりました!】 (事前受付は締め切りました)

主な対象
  • 現在、3Dゲル線量計の実験・研究をしている方
    (ポリマーゲル、フリッケゲル、色素ゲル、バブルディテクター、etc…)
  • 始めてみたいがどこから手を付けて良いかわからない方
  • 始めてみたが上手くいかず困っている方、一度は挫折したがまたやってみたい方
  • とりあえずゲル線量計に興味のある方
  • 大学・研究所・病院等の、教員・職員・医師・技師・学生、他、問わず歓迎!
講演募集テーマ:3D線量計に関すること全般
  • 学会発表データを含む結果だけでなく、
  • 近況報告、最近の動向、
  • これから始めたい、上手くいかなかった、
  • こういうことに使いたい、など、展望もOK!
  • 通常の学会では発表しにくい裏(失敗)データも歓迎いたします。
  • ゲル以外のプラスチック、シートなど、3次元指向な線量計も歓迎します。
#ご参加いただける方は可能な限り(できれば1施設1演題以上)ご発表ください。
発表形式
  • PowerPointによる口頭発表 new!.
  •  ご発表用のPowerPoint ファイルは USBメモリにて各自ご持参下さい。
  •  発表用PC,PPTは、Windows10/office2013です。ファイルは .ppt もしくは .pptx形式にてお持ちください。
  •  各自のPC持ち込み可ですが、D-sub(両日とも)、HDMI(11/9の会場)のみ対応可能です。
     それ以外(Mac等)の場合は、変換コネクタを各自、ご用意下さい。
  •  動画を使用する場合はPPTファイルに埋め込んで下さい。また安全の為、動画ファイル自体も併せてお持ちください。
  •  両日とも受付時、または休憩時に必ず試写・動作チェックをお願いします。
  •  ご発表は、1演題 13分(9分+4分程度)を予定しています。厳守をお願いいたします。

参加・演題登録

研究会・講演・情報交換会のお申し込みは下記の形式をコピーして

タイトル:【第8回3Dゲル線量計研究会参加申込】

として世話人(林)

 rin(a)hirokoku-u.ac.jp ((a)を@で置き換えてください。)

までお送りください。
複数名の場合は(他〇名、とせず)一人分ずつコピーしてお送りください。
----- この下から -----

第8回 3次元(3D)ゲル線量計研究会(11/9-10) に参加します。

名前 : 
所属 : 
職種 : 
E-mail:

発表    : 発表する・発表しない (どちらかを消してください。)
仮のタイトル: (概要がわかるもの。予稿で少し変更してもOKです。)
発表形式  : (a) 口頭発表,(b) ポスター発表,(c) どちらでも良い,(d) 両方 (ご希望以外を消してください。)
       # 最終的なご発表形式は事務局にご一任ください。

情報交換会(11/9): 参加する・参加しない (どちらかを消してください。)

コメント・要望等:(どちらか1日だけご参加の場合や、遅れてご参加の場合はその旨お知らせ下さい。)


----- この上まで -----

 皆様のご参加をお待ちいたしております。
 よろしくお願いいたします。


世話人:林慎一郎(広島国際大学 診療放射線学科)・原田和正(駒澤大学 診療放射線技術科学科)

お問い合わせ: rin(a)hirokoku-u.ac.jp (広島国際大学:林慎一郎
((a)を@で置き換えてください。)