― TOPICS ―

― 学部概要 ―

不安な未来を変えよう。

不安な未来を変えよう。

「キミたちが大人になるころは、もっと大変だ。」高齢社会が加速し、景気が低迷する日本では、聞き飽きた言葉かもしれません。けれど、数字はリアルです。医療費と介護費は上昇を続け、その一方で支える世代の人口は減少。財源の確保や医療機関を存続するための舵取りには、今後ますます新たな知恵が求められるでしょう。
いのちの尊厳が、危ぶまれる未来にはしたくない。では、どうすればいいのか。誰もが安心して暮らせるように、医療や介護、福祉の分野をつなぎ、マネジメントできる人材がもっともっと必要です。これからの日本を変えるプロフェッショナルを、みんなが待ち望んでいます。

経営学+αで難題を解こう。

経営学+αで難題を解こう。

日本の難題に立ち向かう解決策の一つとして、医療界からも、経済界からも注目されているのが「医療経営学」です。たくさんの人が、いつでも安心して利用できる病院や福祉施設、介護サービスを実現するためには、どんな知識や経営手腕が必要か。社会全体の利益を考えた経営のあり方を探求し、より良い医療環境づくりに貢献する。医療経営学を学ぶジェネラリストには、病院だけでなく、医療ビジネスに参入する企業、融資する金融機関、地域の医療福祉を担う行政も大いに期待しています。人のため、社会のため、未来のため、今、最も学ぶ価値のある学問。医療経営学のフィールドは拡がり続けています。

[取得可能な資格]

  • 医業経営管理能力検定、
  • 医療経営士、
  • 診療情報管理士、
  • メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)、
  • ドクターズクラーク(医師事務作業補助技能認定試験)、
  • ITパスポート、
  • 医療情報技師、
  • 簿記、
  • ファイナンシャル・プランニング技能士

― カリキュラム ―

6つの学びが医療を変える。

6つの学び
医療を変える

HRM、FM、Finance、ICT、医学、および、社会と医療制度の6つの領域を自由に学び、
医療や社会の問題に幅広く対応できるチカラを身につけます。

HRM(ヒューマン・リソース・マネジメント)医療人のマネジメント

HRM(ヒューマン・リソース・マネジメント)医療人のマネジメント

主な科目:人的資源管理論、経営組織論、医療と人的資源管理、医療と経営組織 など

6つの学び。1つ目の領域は「人」がテーマです。クラスに問題があるとき、原因の多くは「人」に関することではありませんか。医療現場でも同じです。みんなが気持ちよく働ける環境をいかにつくるか。どうすればモチベーションを高めることができるか。専門家チームをまとめるために必要な、「人」のマネジメントを学びます。

FM(ファシリティ・マネジメント)医療施設・設備資源の管理

FM(ファシリティ・マネジメント)
医療施設・設備資源の管理

主な科目:生産管理、オペレーションズ・リサーチ、医療と流通、医療機器と物品管理、医療福祉施設建築論 など

2つめの領域は、建物や物品など「モノ」がテーマです。医療施設を有効に活用するためのアイデアや改善策。医療機器や医薬品などを、効率的かつ安全に管理するための新たなシステムづくりなど。医療をとりまくモノの流れを一から学び、医療現場が抱える問題点を明らかにして、その解決方法を探ります。

Finance 医療会計と財務管理

Finance
医療会計と財務管理

主な科目:簿記論、会計学、財務管理、財務シミュレーション、病院会計論 など

3つめの領域は「お金」がテーマです。事業に必要なお金の出入りを明確にして、ムダをなくし、利益をもたらす。これは経営の基本命題ですが、医療経営においては利益追求が最優先ではありません。利益は目的ではなく、あくまでも手段。社会的な課題を解決するために、お金をどう活用すれば良いかを学びます。

ICT 医療情報の活用

ICT
医療情報の活用

主な科目:医療情報学I・II、診療情報管理論、情報システム学入門、情報システム学I・II、実践病院情報システム論 など

4つめの領域は「情報」がテーマです。医療経営学において柱になるのは、医療情報とそれを活用する道具としてのコンピュータ。この学びで身につくのは、情報の扱い方、守り方、活かし方の知識・技術です。病院のみならず、製薬メーカー・フィットネス産業など医療ビジネスの拡がりとともに、今後ますます求められる場が増えていく分野です。

医学 基礎医学と臨床医学

医学
基礎医学と臨床医学

主な科目:医学医療概論、医学用語概論、メディカル・イングリッシュ、人体構造機能学 など

この領域は、医療経営学に不可欠な学びです。経営学の4つのポイント「人」「モノ」「お金」「情報」の学びを実践するためには、医療のスペシャリストたちとの共通言語が必要です。基礎的な医学知識や医学用語を身につけて、コミュニケーションをスムーズにすること。それが、ジェネラリストとして信頼される第一歩です。

社会と医療制度 地域社会とヘルスケア

社会と医療制度
地域社会とヘルスケア

主な科目:医療制度論、社会保障論、財政学、医療経済学、医療政策論 など

この領域は、5つの領域を包括する学びです。すべての医療サービスは、医療政策に基づく制度の上に成り立っています。それぞれの制度が、どのような目的でつくられたのか。その背景や仕組みを理解した上で、制度の変化にふりまわされることなく、地域社会のニーズに対応できるヘルスケアのあり方を探求します。

なりたい自分になるための履修モデル

将来、どんな場所で、どのように活躍したいか。自分が目指す未来像に合わせて、履修内容を選択できます。

広島国際大学 医療経営学部のカリキュラム

― 教授陣 ―

― お尋ねBOX ―

学問のこと、学部のこと、
大学生活のこと、受験のこと、 疑問があればお尋ねください。